上顎審美

症例3

症例3

症例3

入れ歯回避の最終列車は何歳に出発するか旅とインプラントは無理してもできる時にしておけ!

老齢はいつから始まるのでしょうか?
それは 歯を失い 食べ物を選らばなければならなくなった時です
入れ歯となり 健康な食生活を送れなくなった時には

前向きにもう一度失った歯を取り戻す勇気
そして、インプラント手術をうける気力を失っていることが多いことに気がつきます

その時には生きていく気力もさがり
人生の質~ライフ・オブ・クオリティ~もすでに著しく低下しているのです
寿命も短縮します

こんな患者さんに もう数年早くインプラント治療をしてあげればと後悔することは多々あります

ところが 早めにインプラントで健康な食生活を維持することを確立した場合
豊かな人生は延長されます 噛めるひとはボケないというのは事実です

勇気をだして 最終列車に 乗り遅れないようにして下さい

医師さへうまく選択できれば 必ず幸福行きの列車となるはずです